台湾 TAIPEI.JPのおすすめオプショナルツアー、グルメなレストラン情報満載

台湾のオプショナルツアーの情報など、現地から直接発信してます。

最新情報

TAIPEI.JP 発信

観光振興策の夜市クーポン券、9月16日により使用可能に


TAIPEI.JP
行政院が観光振興策第2弾として発表していた夜市のクーポン券について経済部は既に290万セット分を送付済みであり、9月16日から台湾83カ所の夜市で使用可能である事を公表しました。 夜市のクーポン券は指定ホテルに宿泊した場合、1泊ごとに1セット配布されます。クーポン券は50台湾ドルの券が4枚で1セットとなっており、宿泊のエリア内にある夜市でしか使用できないという制限があります(※1)。 また、クーポン券はおつりは出ない他、現金に換金する事もできません。 今回のクーポン券によって、夜市におそよ17億台湾ドルの商機をもたらすと見込んでいます。 ※1:宿泊ホテルが台湾東部または離島の場合、台湾全土の夜市で使用可能です。
現地スタッフより   09月20日

台湾のコンビニ調査結果が公表、コンビニ密度は世界2位


TAIPEI.JP
台湾の公平交易委員会が実施したコンビニエンスストアに関する調査の結果、 2018年末の時点での総店舗数は10,905店、増加率は3.58%と過去最高を記録しました。
台北市の店舗数は1,562店と全体の約14%を占めています。

国の面積でコンビニエンスストアの密度を計算した場合、 台湾は世界2位(1位は韓国)と日本を上回っており、 1平方キロメートルあたりのコンビニ店数は平均0.31店となります。
また、台北市に限定した場合、密度は1平方キロメートルあたり平均5.99店となります。
現地スタッフより   09月19日

鼎泰豊、年末に新店舗をオープン


TAIPEI.JP
小籠包で有名な鼎泰豊ですが、 2019年年末に信義本店の向かい側に新店舗をオープンする事を発表しました。
鼎泰豊は今後オープンとなる信義区遠東百貨の1~2階に出店する事が既に決まっており、 オープン後の台湾総店舗数は12店となります。

新店舗は424坪の4階建てで客席は約280席を予定しており、 規模としては101店を越える台湾最大規模のお店となる予定です。
現地スタッフより   09月19日

台湾最大の茶葉観光工場が日月潭にオープン


TAIPEI.JP
台湾の南投県魚池郷は有名な観光地「日月潭」以外にも紅茶の産地として有名ですが、その魚池郷の紅茶をテーマとした観光工場「HOHOCHA 喝喝茶」が9月2日にオープンしました。 場所は日月潭の遊客中心(インフォメーションセンター)から車で約10分で、敷地面積は4ヘクタールと台湾の茶葉観光工場の中では最大規模となります。 工場内では製茶の過程をガラス越しで見れる他、事前予約かつ参加者が5人以上であれば、茶葉揉み体験や日月潭5大茶種のテイスティングといったお茶に関する様々な体験を楽しむ事ができます(体験活動は有料となります)。 —————————————— Hohocha 喝喝茶 南投縣魚池鄉魚池街443-36號 ——————————————
現地スタッフより   09月13日

台湾の個人旅行者を対象にした観光振興策第2弾が発表


TAIPEI.JP
中国人観光客の減少対策として行政院は9月5日、 台湾域内の個人旅行者を対象にした観光振興策第2弾を発表しました。
期間は9月16日から年末までとなっており、 台湾高鉄往復チケットと高雄指定ホテル1泊でホテル代が無料になるプランや 指定ホテル宿泊で夜市のクーポン券200元分をプレゼントするプランなど計11種類のプランがあります。
観光振興策第2弾の経費は10億2,500万台湾ドル、 約30億~50億台湾ドルの経済効果を見込んでいます。
現地スタッフより   09月11日
< >