台湾 TAIPEI.JPのおすすめオプショナルツアー、グルメなレストラン情報満載

TAIPEI.JPのお得プラン

早割 10%オフ

早割 10%オフ

参加日の7日前迄のお申込みで10%off

先着20名20%オフ

毎月先着20名様割引プラン

毎月先着20名様限定20%オフプラン


台湾のオプショナルツアー

ミニツアー

ミニツアー

九ふん、十分、台北、故宮博物院、京劇鑑賞、淡水、烏来 、etc

空港送迎

空港送迎

桃園空港-台北市内ホテル、松山空港-台北市内ホテル

グルメツアー

グルメツアー

台湾式BBQ、小籠包の夕食と士林夜市、海鮮料理、牛肉麺・B級グルメ、台湾料理食べ放題、etc

グルメクーポン

グルメクーポン

正福縁、欣葉、故宮晶華、禪風茶趣、點水楼、度小月、晶華軒、請客樓、圓山大飯店、etc

チケット・体験

チケット・体験

台北オープントップバス、台湾高鉄周遊券、タイペイアイ京劇、チャイナドレス、etc

専用車

専用車

専用車チャーター台北郊外、専用車チャーター台北市内

地方ツアー

地方ツアー

高雄日帰りツアー、花蓮 太魯閣渓谷日帰りツアー

SPAエステ

SPAエステ

リージェントホテル沐蘭、馥蘭朵烏来の温泉体験、女性専用サウナエステ

マッサージ

マッサージ

台湾式足つぼマッサージ、台湾式全身マッサージ 、カラダファクトリー、etc

ゴルフ

ゴルフ

台湾、新淡水、北投国華、東方、林口、長庚、林口第一、台北、美麗華、幸福、etc

ガイドチャーター

ガイドチャーター

日本語ガイドチャーター、英語ガイドチャーター

予約代行サービス

予約代行サービス

レストラン、美容系施設等の予約代行。小籠包、フカヒレ、火鍋料理、海鮮料理、台湾料理、四川料理、歯のホワイトニング

トピックス

韓国の新規LCCフライカンウォンですが、 12月20日に台北と韓国江原道の襄陽国際空港との間に定期便を就航する事を発表しました。
運航は1日1往復を予定しており、 スキーリゾートや韓国の人気ドラマのロケ地として有名な江原道へ 台北から約2時間20分で行く事が可能になります。

台北101で毎年の大晦日に行われる花火ショーは世界的な年越しイベントとなっており、 台北101周辺にある高級ホテルの花火が見える客室のほとんどは既に満室となっています。
一部ホテルは宿泊料の大幅な値上げや連泊を必須条件をしていますが、 それでも例年と変わらない好調ぶりを見せています。

タイガーエア台湾(台灣虎航)は、2020年の3月30日に 新潟~台北(桃園)との間に定期便を就航することを発表しました。
フライトは月曜日と金曜日の週2便を予定しており、 新潟空港にとっては初めてのLCCによる国際定期便となります。

台湾の国立故宮博物院はGoogle Arts and Cultureと提携をしており、 スマートフォンのアプリで博物院が収蔵している品を鑑賞が可能ですが、 約200点の収蔵品画像が新しく追加され、 写真を拡大して収蔵品の細かい部分や模様を確認出来るようになりました。
また、オンライン鑑賞機能に「龍蔵経」、「犠尊」、「漢宮春暁」等の収蔵品が追加され、 これらの収蔵品に関する物語についても知る事が可能です。

フランスのミシュラン社は11月14日、 来年のミシュランガイド台北には台中のレストランも 評価範囲に加える事を発表しました。
台湾の林佳龍交通部長は評価範囲が拡大した事によって 台湾のグルメは台北だけでないとアピールできるとし、 今後は更なる都市がミシュランガイドに加わる事を期待していると述べました。

阪神電気鉄道、南海電気鉄道と桃園大衆捷運(桃園メトロ)は 日本と台湾間の相互交流活性化を目的に、 11/8より日本と台湾の双方で使える3社連携の乗車券 「阪神電車�南海電車�桃園メトロ 台北満喫!連携きっぷ」の販売を開始しました。
内容は台湾桃園MRTの片道乗車券、関西空港から難波駅までの片道乗車券と阪神電車の一日乗り放題券 の引換券となっており、台湾での販売価格は510台湾ドル(約1800円)となります。
きっぷは2000枚の限定販売となっており、 台湾では桃園MRTの台北駅、第一ターミナル駅、第二ターミナル駅の三ヵ所で購入が可能です。

R東日本ホテルズは11月6日、 以前ザ・ウェスティン台北(台北威斯汀六福皇宮)が入居していたビルを賃貸し、 ホテルメトロポリタン・プレミア台北(JR東日本大飯店台北)をオープンする事を発表しました。
ホテルの運営に関してはJR東日本グループとハワードホテルグループ(福華大飯店集団) が12月に設立予定の合併会社「捷福旅館管理顧問」が担うことになります。
客室総数は288室で、2021年の初めのオープンを予定しています。

台湾大手不動産デベロッパーの太子建設開発は30日、 台北市中正区に現在建設中のビルにホテルを開設する計画について、 ヒルトン・ホテルズ&リゾーツと「タペストリー・コレクション・バイ・ヒル トン」ブランドのホテルを開設することで契約を締結しました。
ホテルの客室は約180室、館内レストランは設置しない方針で、 ホテルのオープンは2020年10~12月頃を予定しています。

行政院が観光振興策第2弾として9月より配布している夜市のクーポン券ですが、 消費を盛り上げる効果がみられた為、 クーポン券を400万枚追加発行をする考えを表明しました。

クーポン券は過去一ヵ月で約47万枚が回収されており、 台湾の夜市で2000万台湾ドル以上の消費がされた計算となります。

台北市政府より危険老朽建築に認定され建て替えられる事になった 台北フラートンホテル南京館(台北馥敦飯店南京館)ですが、 10月31日に営業を終了し、11月14日から撤去工事が開始されます。

フラートンホテルグループ(馥敦飯店集団)は10月29日に ハイアット・ホテルズ・アンド・リゾーツと契約を結んでおり、 建て替え後の同地にはハイアット・ホテルズの新ブランドホテル 「ハイアット・セントリック」が開業する予定です。

ホテルの総客室数は220~240室、オープンは2024年を予定しています。




満足度上位ツアー