台湾 TAIPEI.JPのおすすめオプショナルツアー、グルメなレストラン情報満載

TAIPEI.JPのお得プラン

早割 10%オフ

早割 10%オフ

参加日の7日前迄のお申込みで10%off

先着20名20%オフ

毎月先着20名様割引プラン

毎月先着20名様限定20%オフプラン


台湾のオプショナルツアー

ミニツアー

ミニツアー

九ふん、十分、台北、故宮博物院、京劇鑑賞、淡水、烏来 、etc

空港送迎

空港送迎

桃園空港-台北市内ホテル、松山空港-台北市内ホテル

グルメツアー

グルメツアー

台湾式BBQ、小籠包の夕食と士林夜市、海鮮料理、牛肉麺・B級グルメ、台湾料理食べ放題、etc

グルメクーポン

グルメクーポン

正福縁、欣葉、故宮晶華、禪風茶趣、點水楼、度小月、晶華軒、請客樓、圓山大飯店、etc

専用車

専用車

専用車チャーター台北郊外、専用車チャーター台北市内

地方ツアー

地方ツアー

高雄日帰りツアー、花蓮 太魯閣渓谷日帰りツアー

SPAエステ

SPAエステ

リージェントホテル沐蘭、馥蘭朵烏来の温泉体験、女性専用サウナエステ

マッサージ

マッサージ

台湾式足つぼマッサージ、台湾式全身マッサージ 、カラダファクトリー、etc

ゴルフ

ゴルフ

台湾、新淡水、北投国華、東方、林口、長庚、林口第一、台北、美麗華、幸福、etc

ガイドチャーター

ガイドチャーター

日本語ガイドチャーター、英語ガイドチャーター

レストラン予約代行

レストラン予約代行

台北のレストラン予約代行サービス。小籠包専門店、フカヒレ専門店、火鍋料理、海鮮料理、台湾料理、四川料理

トピックス

1/27-1/30、金龍芸品店はお休みの為、鼎泰豊ツアーの集合場所は「澎湃」でございます。

1/27-1/30、金龍芸品店はお休みの為、ナイト十份の集合場所は「澎湃」でございます。

1/27-1/30、金龍芸品店はお休みの為、ナイト九份の集合場所は「澎湃」でございます。

現在行われている台北中正紀念堂「本堂」の修繕工事は工事期間を延長することになりました。

工事期間中は、お客様の安全の確保のため、工事エリアはフェンスが設置されておりますが、西側(正面)、北側(大忠門側)、南側(大孝門)の3つのアウトサイドの階段から本堂内部の4階ロビーまで移動して蒋介石銅像の見学が可能です。

  ■工事期間:
    ・第一回目
    (新)2017年現在~03月末まで(予定)

    ・第二回目
    (新)2017年04月~08月末まで(予定)

  ■工事範囲:
    ・第一回目 本堂の三面外装(東、北、南三面)
    ・第二回目 本堂の西面外装(正面)

※工事日程はあくまでも予定です。状況によっては変更の場合がございます。
同時期にご旅行をご予定の方は、予めご了承ください。
なお、工事期間中のオプショナルツアーは、通常通り催行いたします。

※中正紀念堂ホームページ:
http://www.cksmh.gov.tw//index.php?code=list&flag=detail&ids=18&article_id=12527

台湾に訪れた日本人観光客が必ず食べに行くと言われている鼎泰豊ですが、 各店舗は下記期間が休業になりますので、ご注意下さい。

<休業期間>
2017年1/27(金) 大晦日
2017年1/28(土) 旧正月元旦

旧正月期間に鼎泰豐でお食事を計画されているお客様はご注意ください。

2017年1月15より、花蓮太魯閣渓谷の観光ルートを下記の通り変更致します。(燕子口以降の道路工事が完了した為)

◆対象ツアー
・花蓮日帰り観光(オプショナルツアー)

◆旧ルート
入口の大鳥居→ツーリストーセンター→長春祠→布洛灣遊憩區

◆新ルート
入口の大鳥居→ツーリストーセンター→長春祠→燕子口→流芳橋

※燕子口以降の道路が通行止めの場合入口の大鳥居→ツーリストーセンター→長春祠→布洛灣遊憩區

嘉義の故宮南部が、視覚障害者向けの音声ガイドシステムの運用が来年元日から始まる。

公式サイト
http://south.npm.gov.tw/ja-JP

高雄市内に、先住民族の文化を紹介する「高雄市原住民故事館」が12月17日にオープンした。手工芸品や農産品なども販売している。
公式サイト
http://www.khidgnsh.com/

12月2日、桃園市交通局は台北駅と桃園空港を結ぶMRTの運賃についての審議委員会を開催し、台北駅~空港間を160元とする事を決定した。

故宮博物院は2016年12月2日以降、館内での写真撮影、ビデオ撮影を許可する事を発表した。

以前より館内の撮影は禁止されていたが2016年9月1日~2016年12月1日の試験的な撮影許可の実施で結果が良好だった為、正式に許可する事を決定した。

<注意事項>
フラッシュ、モノブロックストロボ、クリップオン(補助光)、自撮り棒、三脚などの撮影機材の使用は禁止。
展示物前での団体撮影や、金曜と土曜日の夜間延長期間は撮影禁止。

<記事本文>※中国語
https://www.npm.gov.tw/zh-TW/Article.aspx?sNo=04007547




満足度上位ツアー